【自律神経】交感神経と副交感神経をわかりやすく

こんばんは。八代の女性のための整体院、りえこ整体院です。

今日は自律神経(交感神経・副交感神経)について。

「自律神経が乱れている。」

って良く耳にする言葉ですよね。

壊れたものを修理するのにその構造やつくりを知らないとできないのと同じで

体の仕組みを理解しておくことは体調の改善に役に立ちます。

 

というわけで、自律神経って何?

 

交感神経、副交感神経ってどんな働きをしていて、体調にどんなふうに影響するの?

ちょっと知りたいな~という方に、できるだけわかりやすく書いていますのでこのまま読んでいただけたらうれしいです。

自律神経を一言で言うと

自分で動かそうと思わなくても勝手に体の機能をコントロールしている神経のことです。

たとえば、手とか足は動かそうと思って動かしますよね。

でも、血液を流そう!って思ったことはないですよね。

心臓を動かそう!って思わないですよね。

それでも血液は流れているし、心臓もちゃんと動いています。

ほかにも、食べた物を消化したり、栄養を吸収したり、老廃物を回収したり、体温を調節したり、この”意識”してもできないことを自律神経はつかさどっています。

なんとなく、いや、、、とっても大切な神経だと思いませんか?

交感神経と副交感神経

ではもう少しだけ自律神経について。

自律神経には交感神経副交感神経があり、この2つの神経がバランスよく働くことで私たちは健康状態を保っているんです。

この交感神経副交感神経のバランスが崩れることによって、先ほどの大切な体の機能が低下して不調が出てくるというわけです。

いわゆる「自律神経の乱れ」が起こります。

交感神経が優位=興奮したり緊張した状態

副交感神経が優位=リラックスした状態

と覚えて下さい。

この2つの神経のどちらかが優位な状態が、1日のなかで交互に入れ替わることで私たちはいつも通り生活できています。

日中は仕事をしたりしているため、交感神経が優位な状態です。

逆に夜は睡眠に入るために副交感神経が活発に働きます。

睡眠は最高のリラックス状態です。脳も体もリラックスします。

 

では自律神経のバランスが崩れるとどうなるか?

 

日中は気合が入らず、ボーっとした状態になり

夜はなんか興奮して寝れない!

なんてことも。。。

 

当然体調に影響が出てきます。

当院では質の良い睡眠こそが不調改善の鍵だと考えています。

すべては良い睡眠でしっかり休息することで改善していきます。

今は電気がなかった時代と比べて夜は部屋が明るいし「スマホ依存」などで早く寝ることは難しいとは思いますが、、、

もしかすると、その不調は「睡眠不足」からきているのかもしれません。

今回は「睡眠不足」とも関係の深い自律神経のことについてわかりやすく書いてみたつもりです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓こちらの記事もどうぞ♪

関連記事

  1. 腰痛・骨盤の歪みの原因と予防のために大切なこと

  2. 整体を効果的に。リンパドレナージュについて

  3. 5月は「腰痛」さんが増える?なぜでしょうか?

  4. 冬の肩こり。運動ができない時はこんな血流改善法!

  5. 当整体院の想い | CONCEPT

  6. 夏!本番‼︎ 嫌な汗💦も健康…

  1. 2020.02.24

    お子様の運動後にお母さんのマッサージで疲労回復速度アップ…

  2. 2019.12.14

    わが子の「マラソン大会」をお母さんのマッサージで応援でき…

  3. 2018.11.22

    冬の肩こり。運動ができない時はこんな血流改善法!

  4. 2018.11.20

    好評頂いております。フットマッサージコース!

  5. 2018.09.14

    「アーモンドオイル」で顔つぼスッキリ美肌整体【頭痛・乾燥…

  1. 2018.11.20

    好評頂いております。フットマッサージコース!

  2. 2017.09.02

    整体師による女性のための「ヨガクラブ」誕生!

  3. 2016.11.27

    「骨盤矯正」についてご質問頂きました。

  4. 2016.11.16

    新しいことを始めて、実現する。年齢は関係ありません!

  5. 2016.11.09

    腰痛・骨盤の歪みの原因と予防のために大切なこと